女の人

おすすめ化粧品で取り組む美肌作り~30代からはじめるスキンケア~

ケアをすること

妊婦

二回行う

妊娠線とは、妊娠してお腹の赤ちゃんが大きくなるときに妊婦さんのお腹も大きくなりますが、その際に皮膚が急激に伸びることでお腹に亀裂のような線が入ってしまうことを言います。伸びるときだけではなく、出産後に皮膚が縮むときにも妊娠線が入ることがあるので覚えておくと良いです。妊娠線の予防のためには、一日に二回保湿効果のある成分が配合されているクリームでケアをするのが効果的です。お腹が大きくなっていないときには一日一回でも良いですが、それでもやはり大きくなってくる前から一日二回のお手入れをしておくことで、妊娠線ができなくなる可能性がより高くなります。また、ケアをするときにマッサージをするようにすると、血行が良くなるので良いです。

強くしない

妊娠線を作らないようにするためには、クリームを使用したマッサージが効果的です。クリームを使ったお手入れで注意したいのは、特にお腹周りのケアをするときには強く刺激をしないようにするということです。強いマッサージをしてしまうことで、子宮が刺激されて収縮してしまう場合があるからです。クリームを使ってお腹のマッサージを行っているときに、もしもお腹に刺激を感じたら一時ケアを行うことを中止するようにしましょう。使用するクリームは妊娠線予防専用のものでも、市販のクリームでも問題ありませんが、乾燥肌を防ぐことが大切なため、保湿効果があるクリームを選ぶように注意すると良いです。また、長期間使用することになるため、お財布に優しい値段のものを選びます。