目を閉じる女性

おすすめ化粧品で取り組む美肌作り~30代からはじめるスキンケア~

美肌を維持するための努力

女の人

肌状態に合ったケア

お肌の曲がり角は25歳と言われていて、この頃から少しずつ女性の肌は衰えが少しずつ現れてきます。30代に入った頃には何となく肌が乾燥しやすくなったとか、くすみや小じわが気になるなど、人それぞれ肌の変化を感じています。ずっと同じ化粧品を使用していると肌の変化に追いつけなくなって、肌はどんどん老化していってしまいますから、30代になったら肌状態に合った化粧品へと切り替えていくのがおすすめです。潤い成分が作られにくくなりますから、今までの化粧品ではものたりなく感じ始めます。それは乾燥の始まりですから、しっかりと保湿成分が配合された化粧品へと変えていくのがおすすめです。特に肌表面の水分保持の役目をしているセラミド配合の化粧品だと、保湿力の強化に役立ちます。

栄養分をたっぷりと補う

20代くらいまでは水分をたっぷりと肌に与えて、乳液などでふたをするというベーシックなケアでも、美肌を維持することができます。しかし、少しずつ衰えていく30代の肌にはそれでは栄養分が不足してしまいますから、しっかりと化粧品で栄養分を補ってあげるのがおすすめです。肌にはヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドなどの肌の潤いやハリを保つ成分がありますが、年齢と共に少なくなってきます。それを意識し始めるのが30代からですから、老けない肌でいるためにも、これらを美容成分として補ってあげるのがおすすめです。また、シミやしわなど、人によって様々な悩みを抱えてしまいますから、それを改善できる成分が配合された化粧品を選びましょう。

皮膚科医が作った化粧品

化粧

メディカルコスメやドクターズコスメは、沢山の患者を診察してきた皮膚科医が、その専門知識やノウハウを生かして開発したコスメです。メディカルコスメの種類には、市販の化粧品や医薬部外品、クリニックで処方される医薬品があります。

ケアをすること

妊婦

一日二回のクリームでのケアをすることで、妊娠線予防効果を高めることができます。注意したいのは、ケアの際に強くお腹を押してしまうと、子宮が収縮してしまうことがあります。強いマッサージはせずに、優しいマッサージを心がけるようにしましょう。

肌の弾力を保ちましょう

手鏡を持つ女性

肌の弾力が低下することによってうまれる顔のたるみは紫外線や乾燥などが原因となっています。生活習慣を改善したり、顔のエクササイズやマッサージ、さらにたるみに効くツボを押すことによって改善することができます。